裾野が広い

「裾野」と聞いたら、静岡県裾野市を思う浮かべる人も多いと思いますが、
日本語で「裾野が広い」という言葉があります。
裾野市は、富士山のふもとで緩やかに広がった野原。
ピラミッドで例えると、一番下の石(土台)に辺り、上に積まれた石を支えている役割。 それだけ多くの物に影響を与えている、多くの物を支えているという意味合いです。
さて、年末ということで、各地の客先へご挨拶周りをしております。
年末でもあり「今年の景気はどうでしたか?」 という話になります。
当社がお取引させて頂いているお客様は、比較的皆さん上々と行った感じですが、その中でも上手く行っているメーカーさんがあり、多岐の業界を相手に商売をしていました。 自動車、産業設備、家電、半導体、住宅、医療、鉄道など、1業界辺り多くても全売上の17%くらいであり、商売の裾野が広い。
当社は、自動車関係の比率が伸びており、急ピッチで海外工場の拡張をしていますが、他の業界の仕事が伸び悩んでしまっている。
商売というのは、時代によって色々と変化して行きます。
我々のような電設部品も、ECなどネット販売で業績を伸ばしているメーカーもあります。 また若者の車離れも進んでいますし、量販店へ行くと海外から安くて良い家電も増えて来ています。医療業界が不況に強いと言われれば、他の業界から次々に進出して来ます。
それだけ競争が激しくなっており、売れたり売れなかったりのサイクルが早くなってきています。その中で生き残るメーカーとは、やはり裾野の広い商売をしている企業でしょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。