個々を見て危機感助長

今期も海外事業路線を伸長させていく。海外展開において弊社には経験とノウハウがあり、同じ規模の会社ではなかなかできないこと。先日出席した企業会合でも海外戦略の話はほとんど出ない。
勢いは弊社があると感じる。

全体俯瞰では判断してはいけない。44期売上結果、海外各事業所個々に見た場合、1ヵ所のみが前期比増で他は前年を下回っている。

親から借りたものは、子は返していくことが義務。そこで働く社員含めて危機意識をもって仕事に取り組んでいくこと。
現地責任者と話をして意識を上げている。
今期は殊更無駄なことをしないように、引き締めて取り掛かっていく。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。