capco

↑ニッセイエコのオンラインショップです


menu

PAGE TO TOP

ニッセイエコでは押出成形技術を用いて樹脂パイプやチューブの生産を行なっております。とりわけ自動車のEV、HV、PHV等で使用される耐熱コルゲートチューブや、メディカル関連の気管カニューレ(カニューラ)、鼻腔カニューレ(カニューラ)など、厳しい品質管理が求められる製品を始めとして各種押出成形品を製造しております。

異形パイプ・異形チューブの開発製造

ニッセイエコでは様々な形状の異形パイプ、異形チューブの生産を行うことが可能です。特にコルゲート管(蛇腹形状/山谷形状)の生産を得意としており、EVなどでの電線保護、住宅設備用として水・温水の配管などでの採用実績がございます。

コルゲートはイラストのように、ジャバラ+ストレートの組み合わせも可能ですので電線を組み付ける際に、“曲げたい部分”と“曲げたくない部分”を組み合わせたい場合に有効です。また貴社での作業性などを考慮して、材質の硬さや内径のサイズ、スリットを入れるなど、ご要望に合わせたカスタマイズをさせて頂きます。

最小内径 0.5mm〜

最小内径として0.5mm〜の対応を標準としておりますが、材質等によっては、0.1mm台まで技術的に対応可能な場合もございますので、詳しくはお問い合わせください。

対応可能なチューブの種類

  • カラーチューブ
  • 耐熱チューブ
  • 耐圧チューブ
  • 耐キンクチューブマルチ
  • 硬度変化チューブ
  • など

対応可能材料

  • PE(LDPE・HDPE)(ポリエチレン)
  • PP(ポリプロピレン)
  • PU(ポリウレタン)
  • 軟質PVC(塩ビ)
  • PA(ナイロン)
  • PI(ポリイミド)
  • PEEK(ピーク)
  • 各種エラストマー(スチレン系,オレフィン系,ポリスチレン系,ナイロン系エラストマー(Pebax・ペバックス)
  • など

二次加工,アッセンブリー対応

ニッセイエコでは押出成形、ディップ成形、射出成形による部材の製造に加え、アッセンブリー(組み立て)やカットなどの2次加工までの一貫対応が可能です。特に上海工場は医療機器の品質マネジメントシステムに関する国際規格であるISO13485の認定工場であり、累計500万本以上の成形組み立て実績を有しております。組み立て精度を要求される部品等についても是非私たちにお任せ下さい。

新製品の垂直立ち上げ、生産移管が得意

ニッセイエコは下図に示すように本社にて社内一貫体制を構築しており、お客様の新製品の立ち上げや、他業者の廃業などによる生産移管などの際に、原料や金型などからワンストップで対応し、スピーディーな生産立ち上げをお手伝いしています。

原料開発から

ニッセイエコの押出成形の最大の特徴は、材料のコンパウンドから行っていることにあります。これにより、チューブの硬さや耐熱性、色調など、お客様が求める特性に合わせて材料開発からお手伝いさせて頂いております。SDGsによる環境負荷物質の低減についてもご相談下さい。

金型製造から

ニッセイエコでは社内一貫体制により、成形部門と金型部門が連携しながらランナーなどを工夫し成形しやすく、バリなど製品不良も出しにくい金型の設計製作に取り組んでいます。

品質保証・環境対応体制/試験設備

材料の分析を自社でも行っており、材料開発ならびに品質検査を行うとともに、TSCA、RoHS1、RoHS2など各種環境規制にも対応しております。

(RoHS2試験について)
2019年7月より改正RoHS指令が始まり、新たにフタル酸エステル4種(フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)、フタル酸ブチルベンジル(BBP)、フタル酸ジブチル(DBP)、フタル酸ジイソブチル(DIBP))の使用が制限されました。ニッセイエコではその対策として、いち早く2019年2月より「フタル酸エステル類検査装置 HM1000A」を導入。材料受入検査、出荷前検査時に HM1000Aを用いて検査を行っております。

海外生産移転、中国からベトナムなどへの生産移管にも対応

ニッセイエコはアジアに6生産拠点を置き、お客様が求めるものを、お客様が求める場所から素早くご提供させて頂きます。国や工場の垣根がない、どこでも変わらないモノ作りを実現し、貴社の生産移管や現地調達率向上などに貢献いたします。

日本:本社(藤沢),那須
フィリピン: LIMA工業団地内
中国:上海,恵州
ベトナム:ハイフォン,ホーチミン,ハイズオン

詳しくは 海外拠点 のページをご覧ください

お問い合わせ

(参考)押出成形とは

樹脂ペレットをヒーターで加熱・溶解させながらスクリューで金型内に押し込んでいくことで任意の形状で樹脂製品を量産します。金型から樹脂が押し出されるときに成形品の形状が決定します。押出成形は異形のチューブやパイプを生産するのに適しており、材料によってはかなり複雑な断面形状にすることも可能です。

金型から押し出された樹脂は、サイジングダイという成形型を通過し、所定の形状を保持します。そして、冷却水槽の中で冷却・固化します。樹脂を急冷すると成形品にひずみが生じるため、時間をかけて冷却します。

サイジングダイから出た後は冷却水槽を通り、引取機で引っ張られながら必要なサイズにカットされていきます。チューブ類はドラムに巻き取って任意の長さで梱包していきます。

工場直販サイト キャプコ ニッセイグループのSDGs いきいきプラザ ペット葬クオリア youtube 試作開発 海外拠点 工場見学 季刊誌 紹介ムービー