RoHS2.0 REACH規制

欧州で2006年7月から環境負荷物質(RoHS指令)が規制され、

その後REACH規制、2019年7月からRoHS2.0が規制される。
RoHS:鉛、カドミウム、水銀、カドミウム、6価クロム、PBB、PBDE
RoHS2.0:DEHP、BBP、DBP、DIBP
REACHとなると、数十物質になってしまう。
カドミウムや水銀は、昔問題となった水俣病など、やはり人体に影響となる以上、
プラスチック製品への含有規制は必要でしょう。
しかし、DEHPなど塩ビやゴム製品の可塑剤に必要不可欠な物質については、
コンタミレベルにおいても管理する事は、容易ではないでしょう。
既に中国では、RoHS2.0とREACHについて罰金や禁固刑が課せられるようになった。
イメージ 2

イメージ 1

当社も環境負荷物質において、厳しい管理をせざる得ない状況まで追い込まれている。
昨年夏からクリーン工場になるよう呼びかけているが、正直満足出来るレベルではない。
当社も国内・海外ともに、こだわり環境ニッセイエコ。
早くに全ての負荷物質を社内から撤廃するように進めて行かなければならない。 
それが、当社の理念です!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA