実際に見ること見せること

自分が心がけていることがある

なるべく、物事を判断する時、してもらう時は現場や試作品を見てもらう

お客様と商談をするとき、イメージがわかずに決断できないという事がある

そんな時は必ずイメージがわきやすいサンプルを極力用意をする

またお客様との意見が違わないような段取りをする

そうすることによりお客様との距離も縮まり、より具体的な案件となる

共通認識をすることによりスムーズな進行となる

百聞は一見に如かず・・・人それぞれ価値観や想像力が違う

伝わっているかと思ったことが伝わっていないことが多々ある

だから、実際に見せる・見ることが重要である

今後もこのことを継続して対応していく

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。